フリーネットワークエンジニアの不利

ネットワークエンジニアの仕事をしている方は、「そろそろ、自分のペースで仕事を受けていきたい」と考え、フリーネットワークエンジニアになりたい」と考えている方もいると思います。フリーになれば、仕事内容なども自分で選ぶことが出来ますし、自分のペースに合わせて仕事をすることが出来ますから、「もう少し、仕事をセーブ出来るだろう」と思っている方もいると思います。しかし、フリーネットワークエンジニアとして仕事をする際には、不利になることもあります。

では、フリーになろうと思っている方は、どのように仕事を取ろうと考えていますか。「会社勤めの際のツテがあるから、そこから仕事をもらう予定でいる」という方もいると思いますが、中には「これから、営業で仕事を取っていく」という方もいると思います。フリーになれば、会社の方針などを気にせず、様々な企業へ営業をすることも出来ますから、やりがいも感じられるでしょう。やはり、クライアントとしては信頼出来るところへ仕事をお願いしたいと考えていますから、信頼関係が築けてないフリーの方への仕事依頼は躊躇するケースが多くなります。まずは、積極的に営業を行い、信頼関係を気づいていくことが大切となるでしょう。

また、フリーで仕事を受けるということは、仕事の責任は全てあなた一人にかかってきます。企業勤めの時には、チームで仕事をしていることになりますから、お互い助け合いながら仕事をすることが出来ます。困った時には、サポートしてくれることもあるでしょう。
とは言っても、フリーランスで働くことにはメリットも多く、在宅で働くこともできるわけですから、何らかの事情であったり、育児中の方であれば在宅で仕事ができるので大変助かります。これが実現できるのもフリーランスのお陰です。家族との時間を大切にしたいと思っている方にも打ってつけの仕事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です